リュック型キャリーGRAMPでボー様を運ぶ

自然災害の多い日本
ボーがきてからよりいっそう
災害に備えることの大切さについて考えるように。

いちばん心配な地震だけでなく
いつなんどきなにがおこるかわからない。
そんな時にスムーズに行動できるように
日頃からあーでもないこーでもないと
リュックに詰めるものをふやしたりへらしたり。

一番大切なのは
ボー様をどうやって連れだすか。
うちで用意しているのはこちら。

【ペットキャリー GRAMP】

とてもよく考えられたキャリーで
災害時にもしっかり対応できるアイデアがいっぱい。

背面部分が拡張するので
日頃から広げた状態でだしておき
自由に入れるようにしておくといいのですが
ボー様はすぐにいろいろガシガシかんでしまうので
たたんだ状態で置いてあります。
上のカバーはあけてあるので
よく中にはいってかくれんぼしています。

居心地もいいようで
ボー様ときどき中で眠っています。

持ち方は4WAY◎

手提げ
ショルダー
リュックサック

そしてなんと
ボー様の顔をみながらの前向き抱っこができる!仕様。

の4パターンです。

4つの収納ポケット
GRAMP本体に給水口つき
背面部分を開放してGRAMPがケージに拡張

などなど
あったらいいながすべてつまっている
とても良い商品だと思います◎◎◎

猫さんの重量8kgまで。
ボー様は1歳3ヶ月をむかえて5.5kgなので
この先急成長しない限りずっと使える予定。

このキャリーすばらしいところをあげればきりがない!!

【ペットキャリー GRAMP】
本当におすすめです◎



あとは、実際に使って感じたことも。

ジッパーの引き手についている
長めのジッパーコード。

災害時に手袋をしていたり
寒い時の凍えた手でも
素早く開閉できるのはうれしい。

でもこのジッパー…
ボー様かみまくります。
ゆらゆらゆれるし、ちょうどいい長さだし
猫さんならがまんできないんじゃないかな。

ついていた方がもちろん開けやすいのですが
やむなくすべてとりました。
(またいつでもつけることはできます!)

あとは約3.1kgの重さ。

耐久性に優れたPVC素材で
安全性の高い頑丈な設計になっているため
他のキャリーより重量があると思います。

これにプラスボーの5.5kg
そして収納してある避難用品…

そうこうしていると10kg近くの重さに。
災害時には火事場の馬鹿力がでるとは思いますが
それでもこれをしょって避難場所までいくのは
途中で何度も休憩が必要かも。

GRAMPは
背負った時に軽く感じられる設計
がされているのですが
家で実際にせおってみると
これで逃げられるのかとあせる重さでした!!

いざという時にボー様を守るために
日頃からもっと体力つけなくちゃ◎◎◎

このキャリーにする前は

【リッチェル コロル】

を愛用していました!

ドームにはいったリトルボー様の
それはそれはかわいかったこと。

丸洗いもできるし
シートベルトに固定もできるし
とても使いやすかったです。
ボーもすごく気に入っていました◎

ドーム部分がとりはずせて
普段はベッドとしても使えます!

とかいいつつ
うちでははずしたことはなかった…

Mサイズに買いかえることも考えたのですが
大きくなったボー様には窮屈そうなので
万が一の時のことを考えて
【ペットキャリー GRAMP】にしましたが
いつかボーの弟分をおむかえする時がきたら…
と大切にしまってあります。

Bo likes this…

9月1日は防災の日
猫さんと一緒に防災グッズの点検をしよう