猫トイレについての考察

ボーをむかえるにあたって
悩みになやんだおトイレ&猫砂。

トイレについてこんなに日々考えたのは
これが最初で最後にちがいない 笑

快適さ(for bo) > 砂の安全性 > 見た目(自己満足) > 砂の処理(現実)

こんなかんじで、
ボー君がおしっこうんちをしたあとの
砂の処理の大変さの優先順位は最後。

なんにせよ、ボーが使ってくれねばはじまりません。

リサーチのきめたのがこちら



ベルギーサヴィッチ社製のおトイレ

さて、おトイレはきめたものの

どうしても
濡れた部分の砂が下に落ちる
というすのこ式おトイレをボー様にご準備したく
仕事もそっちのけでサヴィッチトイレにはまる
すのこがあるはずと探しまくることにゃん時間…

ほぼぴったりサイズなものがみつかるという奇跡。

オーカッツキャットワレのサンドトレー

キャットワレというこれまたすてきなおトイレの
すのこ部分だけが販売されていて
サイズ的にはもサヴィッチトイレにはまるとみて
はやる気持ちをおさえながら到着を待ちました。

ということで

わーい
ボー君もHappy!

すこしがたつきますが
りっぱなすのこ式おトイレができあがったのでした。
(ただぱこっとはめただけ)

そして
にゃんと!

初日の一発目から
まるで愛用のおトイレで用を足すかのように
おしっこもうんちもしてくれ
ボー様のスマートさにただただ感動したのでした。

Bo likes this…

惨めさから抜け出す慰めは2つある 音楽とネコだ
-Albert Schweitzer